インターネットで名刺発注するメリット

ビジネスの基本は挨拶からとよく言われますが、とりわけ初対面の者同士がお互いの印象を明確に刻む上でも名刺の交換は極めて重要です。氏名や住所、連絡先、自身の所属部署などを始め最低限の個人データを無駄なく盛り込んだ名刺はまさに情報の宝庫であり、仕事の必需品と呼ぶべきもの。名刺作成にあたっては、大企業ならば付き合いのある印刷会社などを活用し、そのデザインなども企業のデフォルトのものが存在することでしょう。その一方で起業家、経営者、フリーランス、士業として活動する人は自らの手で手配しなければなりません。もちろん自身のパソコンで作成しプリンターで印刷するという方法もありますが、しかし仕上がりや光沢などの面で素人臭さはぬぐいきれないもの。どこに出しても恥ずかしくないものを作成するにあたってはやはりプロの印刷会社へ名刺発注を行うのが安心です。最近ではこの手続きもインターネットで行えるようになっています。果たしてそのメリットはどこにあるのでしょうか。

ネット画面で全ての手続きが完了できるので時間と手間が省ける

インターネットを使った名刺発注を活用する上では大きな利便性を享受できるようになりました。従来の発注方法は印刷会社の店頭まで出かけて行って打ち合わせを行うことが不可欠でしたから、その点、インターネットを使うと時間と手間を短縮でき、全てをパソコン画面やスマートフォンの中で完結させることができるメリットがあります。さらにその操作も簡単で、ネット画面でまずはお気に入りのデザインのテンプレートを選択し、そこに盛り込む文字のフォントや内容、サイズを指定して実際に自ら記入していきます。さらに会社のロゴや画像、イラストなどを盛り込みたい場合にはその画像データをアップロードしてはめ込むことも可能です。このようにして自ら簡単にカスタマイズできる上に、支払いもカード払いが使えたり、銀行振込、コンビニ支払いなどを選ぶことができる場合もあります。

データを保管してくれるので、追加発注も迅速で簡単に行える

さらにネットで名刺発注すると、それを受注する印刷会社は何も大都市の真ん中で営業する必要はないので、全国のどこででも業務を行えます。それゆえ業者側にとっても店舗を構える手間が省けることはメリットですし、またサービスの利用者側にとってはそれが価格の安さという点のメリットとなって還元されるので大助かりです。もしもその仕上がりに不安があるのであれば、本格的な印刷の前にサンプルを送付してもらうことも可能ですし、またイラストやロゴマークに関してはペンなどでラフスケッチを描いたものを先方に送ることでプロのデザイナーがデータ化することも可能です。さらに嬉しいのは一度発注するとデータが保管されるので、その後は必要な時に必要なだけ印刷して送ってもらうことができる点です。中には送料無料という業者もありますので、それならば大量の枚数を印刷して無駄に在庫を抱え込む必要がないのも大きなメリットと言えるでしょう。